【ニュージーランド語学留学の悪い口コミ・良い口コミ】南半球ニュージーランドは、自然豊かで、国民性もとてもおおらか。また、英語圏では有数の治安の良さを誇るニュージーランドでは、アウトドアアクティビティを楽しみながら英語を学べるのもポイントです。移民が多いという背景もあり、留学生にも親切に接してくれる人が多いので、留学先として最適です!

語学留学 人気 ランキング

自然を楽しみながら英語を学ぶ!ニュージーランド語学留学

1,317,632人がこのページを参考にしています。

更新日:

豊かな自然に囲まれたニュージーランドで英語をブラッシュアップ!

ラグビーの強豪国でもあり、キーウイに代表されるような珍しい動物も多い自然豊かな国、ニュージーランド。

日本人のワーキングホリデーでの滞在をいち早く受け入れ始めた英語圏の国であり、長い期間にわたって、日本人留学生が多い国でもあります。

現在でも多くの日本人が留学先として選ぶニュージーランドには、どのような魅力があるのでしょうか?

ニュージーランド語学留学の悪い口コミ

南半球なので日本と反対の気候なのはわかっていたけれど、思ってたよりも冬は寒い!大学の夏休みを利用して留学してきたので、着いてからすぐに気温差で体調を崩してしまった。

イギリス連邦の国なので、きれいなクイーンズイングリッシュが学べると期待していました。でも実際住んでみてわかったのは、結構発音が違うということ。大きな街になればなるほど移民が多いから、訛りも強い人が多いです。

留学先によるとは思いますが、私が住んでいるのは田舎町なので、日常生活がかなり不便です。人よりも羊のほうが多い風景って、見るのと住むのとではかなり違うと実感しています。

ほとんどブリティッシュイングリッシュと同じような英語を話す人も多いけれど、オークランドには移民が多いせいもあって、聞き取れない発音をする人も結構多い。

日本と極端に物価が違うわけではありませんが、文房具が高いことには驚きました。高い上に日本の100円均一より質が悪いものが結構あるので、留学生の自分の取っては困りものです。

ニュージーランド語学留学の良い口コミ

語学学校に通っていますが、勉強だけでなく、アウトドアアクティビティがとても充実しているので、毎日楽しく過ごせています。

ニュージーランドには、世界中様々な国から留学生が来ているためなのか、みんなフレンドリーに接してくれます。私はホームステイしていますが、ホストファミリーもとてもいい人たちです。

ギリギリの予算で留学しているので、学生ビザを取って働きながら勉強しています。ビザを取得すると週20時間まで働けるので、かなり助かってます。

東京で生まれ育った私にとっては、ニュージーランドのこの豊かな自然そのものがプライスレス!治安もとてもよいので学校生活もプライベートも満喫しています。

勉強はそれなりに大変ですが、山も海も近いエリアに住んでいるので、週末はハイキングに行ったりマリンレジャーに行ったりしています。自然に囲まれて生活しているせいか、忙しくても体調はいいんですよ。

ニュージーランド以外の国の語学留学の口コミ詳細

ニュージーランドの語学学校の選び方とは

ニュージーランドの語学学校には、大きく分けて下記の2種類があります。

①公立・国立大学の付属校やポリテクニック(国立総合専門学校)

公立・国立の教育機関附属の語学学校の一番の特徴は、入学前のテストで、レベルに応じたクラス分けをされることが挙げられます。
語学を取得した後に、さらに大学などでの勉強をしたい留学生が多く集まっているので、授業内容もハイレベルです。

②私立の語学学校

公立・国立の語学学校のようなクラス分けは特になく、自分で希望するコースを選択できます。
ほとんどの場合、1クラスの生徒数は10人前後なので、アットホームな雰囲気です。
多くの私立の語学学校には、日本人か日本語を話すカウンセラーがいるので、困ったときも安心です。

ニュージーランド留学が人気の理由

①治安面で安心できる

ニュージーランドは、「世界で最も安全な国ランキング」の常連国でもあります。
もちろん、犯罪が全くないわけではなく、日本と同じような感覚では危ない場合もありますが、英語圏では特に安全な国のひとつといえます。

②勉強以外にも楽しめるアウトドアアクティビティが豊富

留学しているからといって、24時間毎日勉強していては息が詰まってしまいますよね。
その点ニュージーランドには豊かな自然の中で楽しめる、アウトドアアクティビティがとても充実しています。
私立の語学学校では、午前中はレッスン、午後からはアウトドアアクティビティというカリキュラムを組んでいるところも多くありますよ。

③英語のリスニング力強化に効果大!

ニュージーランド人の多くは、かなり早口で英語を話します。
そのため、最初は会話にも苦労するかもしれませんが、自然にリスニング力がアップするという嬉しい効果もあるのです。

ニュージーランド語学留学のデメリットとは

①大きな街になればなるほど物価が高い

オークランドやクライストチャーチなどの大きな街の場合は、賃貸の家賃もかなり高額です。
物価面では、日本よりもニュージーランドのほうが高いものが多いので、留学する場合には余裕を持った予算を組むようにしましょう。

②ニュージーランド人全員が、綺麗な英語を話すわけではない

ニュージーランド人の多くは綺麗なイギリス英語に近い英語を話しますが、世界中いろいろな国からの移民を受け入れていることから、中にはかなり訛りが強い人もいます。
耳が慣れてくれば問題はありませんが、最初は少しとまどうことがあるかもしれません。

ニュージーランド語学留学で得られるメリットとは

①大自然を身近に感じながら、リラックスした環境で英語を学べる

ニュージーランドの総人口はおよそ470万人、それに対して羊の数はおよそ3,000頭!
なだらかに広がる草原とのんびりと草を食む羊、こんなのどかな環境の中で英語が学べる国はほかにはありません。
都市圏では事情は多少異なりますが、日本に比べるとはるかに自然が多く、街中いたるところに公園も見られます。

②高いレベルの教育が受けられる

これは国立大学附属の語学学校へ留学した場合になりますが、ニュージーランドには大学が8校しかありません。

これは大学の数をむやみに増やしすぎて教育レベルを下げないようにする、という政府の方針によるもので、実際8つの大学は全て国立となっています。
そのため自ずとレベルの高い教育が受けられるのです。

子供をニュージーランドに語学留学させる際の注意点

①ニュージーランドの治安は良い!でも気をつけるべきこともある

ニュージーランドは日本とほとんど変わらないくらい治安が良いので、子供の留学先としては安心できる国のひとつです。
ただし日本と大きく違うのは、大きな犯罪はないけれど、「スリ」や「窃盗」のような軽犯罪は日本より多いということです。
日常生活の中で、このような軽犯罪に巻き込まれないような行動をとることや、危ない場所へはいかないことなどを、しっかりと子供に伝えておくようにしましょう。

②田舎町は治安が良いけれど、ホームシックになりやすい

オークランドやクライストチャーチのような大都市に比べると、田舎町は自然が多く治安も良い場合がほとんどです。
ただし、大都市に比べると、日本人留学生の数がかなり少ないこともあります。
そのような場合、人によってはさびしくてホームシックになってしまう場合もあるので、留学先を決める場合には、そのような点も考慮して選ぶようにしましょう。

自然豊かな南半球ニュージーランドは語学留学に最適!

1980年代から日本人のワーキングホリデーを受け入れているニュージーランド。

日本に限らず世界中様々な国からの留学生が多いのも、ニュージランド語学留学の特徴です。

人口よりも羊の数のほうが多いというのどかな環境は、ストレスで疲れがちな日本人にとって、心休まりますよね。

また豊かな自然に恵まれていることから、ハイキング・バンジージャンプ・マリンスポーツなどのアウトドアアクティビティも大変盛んに行われています。

私立の語学学校では、勉強とアウトドアアクティビティをカリキュラムに取り入れているところも多いので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

-語学留学 人気 ランキング

Copyright© 英会話学習プロ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.