【マレーシア語学留学の口コミ】この記事ではマレーシアの語学学校の選び方とメリット・デメリットや人気が急上昇中の理由を紹介!日本からおよそ5,500kmの距離にある赤道近くの国マレーシア。裕福なシルバー世代の定年後のロングステイ先としてよく知られていますが、最近では語学留学先としての人気が高まってきてることをご存知でしょうか?

語学留学 人気 ランキング

留学費用が少なくても大丈夫!マレーシア語学留学の魅力

1,317,665人がこのページを参考にしています。

更新日:

マレーシア 語学留学 口コミ

語学留学先としてマレーシアの人気が急上昇中!

日本からおよそ5,500kmの距離にある赤道近くの国マレーシア。

裕福なシルバー世代の定年後のロングステイ先としてよく知られていますが、最近では語学留学先としての人気が高まってきてることをご存知でしょうか?

こちらの記事では、マレーシア語学留学についてメリット・デメリットを交えながらご紹介していきます!

マレーシア語学留学の悪い口コミ

英語取得のためにマレーシア留学に来ています。たしかに学校ではネイティブの先生が教えてはくれます。でも学校を一歩出ると、やっぱりそこはアジアなんです。英語を使わなくてもなんとかなってしまう。なのでちょっと後悔もしています。

環境はいいし物価も安いし、そういった点では暮らしやすいのはいいのですが、北国育ちで暑いのが苦手な自分は、どうしてもこの蒸し暑さに慣れることができません。早く日本に帰りたい。

大学からアメリカに留学するので、英語のレベルアップをするためにマレーシアに来ました。多民族国家だけあって、いろんな言葉を話す人がいてそれはすごくいいのですが、本格的な英語を習いたい私にとっては、ちょっと微妙な感じです。

英語をネイティブレベルに話せるようになりたくて、英語圏よりは日本人が少ないマレーシアに来ましたが、あまりにいなさすぎて逆にホームシックになってしまいました。

クアラルンプールまで行けば、日本のお店が沢山ありますが、それ以外の町にはあまりありません。日本にいた時のような心地よさや便利さを期待すると大変だと思います。

マレーシア語学留学の良い口コミ

学生時代に留学できなかったので、社会人になってから自分で働いたお金を貯めて留学に来ています。イギリスやアメリカに比べると半分くらいの費用で留学できたので、その分長く滞在できそうです。

マレーシアに来るまでは、本当に英語がマレーシアで学べるの?って思っていましたが、講師の先生たちのほとんどは英語圏出身なので問題なく勉強できています!

マレーシアは多民族国家とは聞いていたけど、本当にそうだなって思う毎日です。クラスメートの出身国も様々なので、学校生活も毎日とても楽しいです。

物価が安いので助かってます!人によるとは思いますが、日本円換算で1日1,500円くらいあれば、生活費は十分。全体的に見ても、物価は日本のほぼ1/2くらいなので暮らしやすいですよ。

マレーシア人には親日家が多いなと感じています。物価も安いし、東南アジアの中では治安もいいほうなので、日本人は過ごしやすいと思います。

マレーシア以外の国の語学留学の口コミ詳細

マレーシアの語学学校の選び方とは

①マレーシアで英語を学ぶ場合にはクアラルンプールがベスト!

首都クアラルンプールには、語学学校が数多くあります。
特に、欧米系の語学学校がマレーシア校を開設しているのは、ほとんど全てがクアラルンプールです。
そのため、特に英語を学びたい人にはクアラルンプールがおすすめです!

②欧米系の語学学校ではハイレベルな授業が受けられる

マレーシアには、様々な語学学校がありますが、中でも欧米系の語学学校はレッスンがハイレベルだといわれています。

その理由は、本格的に英語教育の知識や資格を持ったネイティブの講師が教えるということや、 1日のレッスン時間が長く、みっちりと英語を学べるようになっているからです。

どの語学学校を選んでも、マレーシアの場合には費用を大幅に節約できます。

そのような背景もあるので、マレーシアでは費用に縛られすぎず、本当に英語が身につくカリキュラムを提供している語学学校に通ってみてはいかがでしょうか?

マレーシア語学留学が人気の理由

①マレーシアは英語を流暢に話す人が多い

マレーシアはイギリス連邦加盟国であり、元々はイギリスの植民地であったという歴史を持っています。

そのため、現在でも私立の大学などの授業は英語で行われていることもあって、若い世代の多くは流暢な英語を話します。

②マレーシアは物価が安くて暮らしやすい

欧米や日本に比べると、留学費用も物価もかなり安いのもマレーシアの魅力です。
生活費が抑えられるので、その分を語学学校費用に回せます。
語学学校費用自体も安いので、結果的には長期留学も可能になって、英語力のスキルアップへと繋がっていくのです。

③マレーシアの治安が良い

マレーシアは、東南アジアの中ではシンガポールに続いて、2番目に治安のよい国です。
もちろん、

日本と同じ感覚ではいられませんが、同じアジアの語学留学先として人気のフィリピンよりは、かなり安全といえます。

知らない国で暮らしながら勉強するという場合には、治安が安定していることはとても大切です。

ほかにも人気の理由は様々ありますが、ほとんどの人が口にする理由としては、上記の3つが挙げられます。

マレーシア語学留学のデメリットとは

①しっかり本格的に英語を学びたい人には不向き

マレーシア人は比較的多くの人が流暢な英語を話します。

また、語学学校の講師がネイティブの学校を選べば、正しい文法や発音は身につきますが、英語圏の国に留学したような「24時間英語漬け」のような状況でにはなりません。

そのため、本格的な英語をしっかり学びたい人には、マレーシア語学留学は不向きといえます。

②マレーシアは、英語以外の多言語を話す人も多い

コンビニやレストランなど、英語を話す機会はありますが、それ以外の言葉を話す人が多いのもマレーシアの特徴です。

ネイティブの友達に囲まれながらスキルアップをしたいと考えている人には、マレーシアの環境はあまり向いていません。

マレーシア語学留学のメリットとは

①多民族国家マレーシアで、世界中の国からの留学生と一緒に学べる

マレーシア国家は、中華系・マレー系・インド系・先住民族から構成されています。
また、語学学校には世界中から留学生が集まってきているので、とてもインターナショナルな環境に身を置きながら英語が学べます。

②留学費用が抑えられる

留学するにあたって、一番気になるのはやはり費用ですよね。
往復の飛行機代や学校費用のほかに、日常生活の費用や食費も予算に入れて考えると、物価の安いマレーシアでは、かなり留学費用を抑えることが出来ます。
経済的な理由で語学留学をあきらめていた人には、マレーシアは特におすすめの国のひとつです。

マレーシアに語学留学する・させたい場合の注意点!

①留学費用は抑えられます!でも日本と同じレベルは難しいかも

マレーシアを子供の語学留学先として選ぶ理由には、多くの人が費用的なことを口にします。
たしかに留学費用を抑えられることは間違いないのですが、それはあくまでローカルの人たちと同じような生活をした場合のことです。

日本で普段食べているものをマレーシアでも毎日食べたい、日本製品しか使いたくない、ということを続けてしまうと、生活は厳しくなります。

お子さんをマレーシアに留学させる場合には、この点についてもきちんと話し合っておく必要があります。

②90日以上の留学には学生ビザの取得が必須!

マレーシアへ90日以上留学する場合には、学生ビザを取得する必要があります。

その取得には、最低でも3ヶ月程度かかると考えておかなければなりません。

マレーシアへの長期留学を検討している場合には、前もって計画を立てておき、寸前になって焦ることのないようにしましょう。

治安が良く物価が安いマレーシアは語学留学に最適!

あまり知られていませんが、イギリス連邦加盟国でもあるマレーシア。

元々イギリスの植民地でもあったという歴史から、今でも英語を流暢に話す人が多くいます。

物価も安く、英語圏の国や日本に比べると、ほぼ1/2程度で生活できることから、長期留学にも最適な国です。

また、東南アジアの中ではシンガポールに次いで治安が良いので、安心して生活できるのも大きな魅力といえるのではないでしょうか。

-語学留学 人気 ランキング

Copyright© 英会話学習プロ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.