これからの時代の英語学習!子供の英語教育はなぜ必要?

「効率的に英語を覚えさせてあげたい!」

英語を覚えさせてあげたいというのは、やはり親ならば一度は考えることなのではないでしょうか。
昔であれば英語ができなくてもそんなに困ることはありませんでしたが、今では英語ができないと困ることも少なくありません。
だから、英語くらいはなんとか覚えさせてあげたいものです。
そのためには、子供のうちからの英語教育が大切になります。
でも、どんな英語教育が必要で、そしてなぜ子供のうちからの学習が効果的になるのでしょうか。

英会話教育はいつから始めるのが正解?

英会話などの英語教育は、やはり早く始める方が覚えが良いです。
大きくなってからでももちろん覚えることができないわけではないです。
でもたとえば大人になってからだと、どうしても理屈で考えてしまうところがありますよね。
英語なんてただの言葉です。
例えば日本語を話す際に、いちいち文法を意識したりすることはないですよね。
それと同じように考えないでしゃべることを目指すには、最初から考えないで取り入れらるうちに取り入れてしまう方が楽なんです。

早く学び始めることのデメリット

英語を早く学ぶことには、デメリットもあります。
たとえば、日本語のレベルがおぼつかなくなることがあるという点。
本来であれば小さい年代では家族や周辺から日本語を少しずつ学んでいきます。
その間に英語の教育をねじ込んでいくんですから、子供ながらに混乱してしまい、どっちつかずになってしまう可能性はでてきます。
英語は確かに大切ですが、日本で生きる以上日本語もすごく大切なので、それは一つのデメリットになります。

早期英語教育には抵抗感がない

逆に早く英語を学ぶことのメリットは、まず一つ、先に挙げたように覚えやすいということがあります。
さらにもう一つ、抵抗感がないというのもメリットです。
たとえば中学生くらいになると、それを勉強として認識してしまい、どうしてもやる気がでなくなることがあります。
でも小さいうちであれば、それを勉強ではなく、たとえばそろばんなどと同じように、習い事として認識してくれたりするんです。
そうすれば抵抗なく学べるので、より覚えやすくなりますよね。

子供に効果的な英語学習ってどんなもの?

子供に英語を学んでもらうには、やはりそのメリットを生かしたいので、「勉強感」があまり強くないものを選ぶのが正解になります。
たとえば、ゲームをしながら英語を学べるようなところだったり、歌で英語を学べるようなところだったり。
また、できればグループ学習ができるところが望ましいですね。
友達ができれば、よりそこに行きたいと思う気持ちを刺激することができるようになりますから。

ただ、一番大切なのは、年代や性格に応じた選び方をしてあげることですね。
たとえば人見知りで仕方ない子をグループ学習に放り込んでも、行きたくないと駄々をこねる可能性が高いです。
また、1歳の子に、会話に力を入れたところで学ばせてもやっぱり難しすぎて意味があまりなくなりますよね。
だから、子供に合わせてあげることはすごく大切なんです。

脳科学的にも幼児期の英語教育は効果的

実は幼少期の英語教育は、脳科学で見ても効果的になります。
小さいころには、まだまだ脳細胞がたくさんあるんですよ。
でもそれは、年を重ねるごとに減っていきます。
減ってくると、英語と日本語を両方とも母国語のように考えないで使うことが難しくなるのです。
そのためにはそれぞれの独立した回路が必要なのですが、それを持つことが難しくなっちゃうんです。
でも小さいころであればそれも可能なので、効果的になります。

幼児に適した英語学習にはどんな方法がある?

0歳から1歳では、まだまだ日本語も難しいです。
だからとにかく英語に慣れさせることが大切です。
しかも本能的に楽しんでもらわないとならない。
それにはやっぱり歌が効果的ですね。
歌ならば短い時間で済むので飽きることもありませんし、おすすめです。

2歳から3歳では、聞かせるだけではなく、自分で体験してもらうことが効果的になります。
だからたとえば同じ歌でも、歌ってもらったり、あるいは英語の動画を見て、それのモノまねをしてもらったりして、自分で扱えるようになっていってもらうんです。

4歳5歳では、言葉を話すことも容易になっていますので、英語ももっと会話として話してもらうのが吉です。
英語でしゃべり合わせたり、英語の質問に英語で答えさせたりするのが効果的になる年代ですね。

赤ちゃんに英語教育する際の3つの注意点

赤ちゃんに英語を教える際には、同時に英語と日本語を織り交ぜないように気を付けないとなりません。
それをしてしまうと、赤ちゃんは混乱して、回路が二つできづらくなってしまうんです。
だから、英語を教える時間には英語に集中しないとだめです。

また、赤ちゃんが好きなものでやらせてあげることも大切です。
たとえば歌にしても、「これは好きそうだけどこれは嫌いそう」だということがありますよね。
それを察知して、少しでも楽しんでくれるものを使わないとダメなんです。

そしてもう一つ、日本語を全然教えないのもよくありません。
英語に慣れさせるために、赤ちゃんのうちには英語でばかり話しかけることもありますよね。
でも、それじゃやっぱり日本語の回路は育たないんです。
それも避けるべきですね。

世界では子供の英語教育はどうなってる?

中国や韓国には、小学校から英語の授業の時間があります。
それも90年あるいは2000年代初頭からのことなんです。
スペインでも、3歳から英語教育がスタートしています。
ドイツやオランダ、そしてイタリアにギリシャなどでも、英語は小学生のうちからの必修科目になっているんです。
アジアでもそれは広まっていて、マレーシアでも英語教育は小学校のうちから始まります。
しかも小学1年生から始まるんです。
結果マレーシアは、アジアで一番英語力が高い国となっています。
こうしたことからも、早いうちに英語教育を始めるのことの大切さや、その効果がわかりますね。

2020年からは日本でも小学校で英語教育がスタート

周りの国からはかなり遅れましたが、日本でもついに小学校での英語教育が、2020年から始まっていきます。
まず小学校3年生から英語に触れることがはじまり、本格的な授業は小学校5年生6年生から始まっていくことになっています。
「英語に触れる」というのは、たとえばアルファベットを覚えたりとか、そういうこです。
それは道徳の授業のように成績が付くものではありませんが、5年生6年生からの授業では当然成績もついていきます。
これはつまり、国が早い段階から英語学習をさせることの大切さに気が付いたということの現れですよね。

早まる英語教育で親としてすべきことは何?

こうして早くなっていく英語学習の環境の中で親がするべきことは一つです。
公的にはじまるよりも早く英語を学ぶことをさせてあげて、より英語に抵抗感をなくしてあげることです。
たしかに小学校3年生から慣れはじめるのでも、遅くはありません。
それでも十分に覚えられる子はいます。
でも、やっぱりそれよりも早く始めていたほうが、小学校での英語もより楽しめて、より良い学びができる可能性は高いですよね。
だから、より早めに触れさせてあげることが、親としての務めになるんです。
そうした環境の差で周りの子より英語ができないとなったら、それはやっぱりかわいそうですから。

これからの時代は英語はできるのが必須になる

今の時代は、ネットで世界中と簡単につながることができる時代です。
そして今の子供たちはそれが当たり前になってから生まれた世代。
つまり、世界中とつながるのが当然の世代なのです。
そんな世代が大人になったら、対世界でビジネスをするのもごくごく当たり前になる可能性は高いですよね。
だから、英語は武器になるのではなく、英語ができないと仕事もないということになる可能性があるということなんです。

そこではじめて英語を覚えようとしても、やっぱり脳細胞の関係上、簡単じゃないです。
どうしても挫折しがちになります。
それは私たちにもきっと経験がありますよね。
でも、それができないと仕事がない。
そんなことになったら大変です。

楽に学べるうちに学ぶに越したことはない

これからの将来のことを考えても、より習得しやすいうちに英語を学ばせてあげるに越したことはないです。
あとから苦労することがわかっているのに、公的な英語教育だけに任せるのはやっぱり得策ではないですよ。
最近では動画サイトなどを活用して無料で自分で英語を学ばさせてあげることだってできますし、幼少期の英語学習をさせてくれるコミュニティなどもあります。
当然昔ながらの英会話教室などもありますし、実は日本でも英語学習を小さい子に受けさせてあげること自体は難しくはないんです。
だからぜひ、自分なりに子供にあった学習方法を考えて、それで早いうちに学ばせてあげてください。

🔝 英会話 おすすめ 勉強法

 

英会話 おすすめ 勉強法

「子供 英語教育」 一覧

no image

子供 英語教育

リップルキッズパークの悪い口コミ・良い口コミ、料金プラン

2018/05/28  

本格的な英会話を習得できるリップルキッズパーク! 幼い時に英会話を習得することができれば、大人になってもスムーズな英会話を喋れるので国際社会で活躍しやすくなります。すでに多くの子どもがリップルキッズパ ...

no image

子供 英語教育

海外 子供 英語教育

2018/05/07  

世界の英語教育状況は?他の国と比較して日本の英語教育はどう? 日本でも今小学校から英語教育が義務化されるようになりました。 では、世界の英語教育はどうなのか、特に、日本もかかわりのあるアジア圏の英語教 ...

no image

子供 英語教育

ディズニー英語システムの悪い口コミ・良い口コミ、料金プラン

2018/04/18  

子供のために英語教育を考えているあなたに必見! ディズニー英語システムって何?! ディズニー英語システムとは、簡単に行ってしまえば、子供のための英語ラーニングシステムです。 子供たちが大好きなディズニ ...

Copyright© 英会話おすすめ人気ランキング2018【最強の勉強・学習法を学ぶ!】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.