子供 英語教育

世界の英語教育事情を見て日本の英語教育と比較しよう!

更新日:

世界の英語教育状況は?他の国と比較して日本の英語教育はどう?

日本でも今小学校から英語教育が義務化されるようになりました。
では、世界の英語教育はどうなのか、特に、日本もかかわりのあるアジア圏の英語教育と比較して日本の英語教育はどうなのかなどを見ていきましょう。
また、気になる世界の国々に見る日本の英語教育ランキングもご紹介しますので、英語に関して色々知っておきたい方は必見の世界の英語教育事情をお伝えしますので、参考にしてくださいね。

気になるアジア諸国の英語力ってどんな?

まず、アジア諸国の中で言うと、ランキングで言えば、英語力の高さはシンガポールがトップです。
それは当然で、シンガポールは人口の7割が華僑ですが、公用語の1つが英語なので、インド系、マレー系、アラブ系の方も英語は必須で話せます。
その次はそのお隣の国のマレーシアで、どちらも多民族ということもあって、こういう結果になっています。
元イギリス領で多くの方が英語を自由に使える香港、それに韓国やベトナムが次に続くのですが、カンボジアやラオスではその英語力は非常に低いとされています。
そして、アジア全体を見た時に、アジア諸国の英語力というのは、平均的な英語力なのです。

英語教育が発展していく国の特徴はやっぱりアレ

英語教育が発展していく国にはある特徴があり、これは皆さんも何となく想像できるはずです。
その特徴は、ビジネスにかかわること、これが成長することで、英語教育はどんどん盛んになるのです。
例えば、英語圏でもありますが、シンガポールは、投資に関して税金がかかりませんから、世界中の富裕層が集まり、そこで話される共通の言葉が英語となります。
韓国は大手電機メーカーや車メーカーは日本だけでなく、世界でも多くの方が利用するほどで、英語がビジネスの交渉などで必要となってきます。
日本もそうですし、タイに関しては、観光国として知られていますから、観光客を相手にするために英語が必要となり、自然と英語教育が発展していきました。

中国と韓国の早期英語教育は日本以上!

最近やっと日本では小学校での英語教育が始まりましたが、中国では2001年にそれが義務付けられました。
このきっかけは、北京オリンピックで、ここから英語教育はヒートアップし、日本では、小学校卒業までに1,200単語修得しますが、中国では1,600単語修得を求めており、英語でのディスカッションなども小学校からされています。
そして、韓国ですが、そもそもこの国教育熱心な国であり、競争社会です。
この早期教育のすごさはさすがで、国内で英語を習得するのではなく、もっと本格的でリアルな英語を身につけるため、小学校や中高生で海外の学校へ進学させ、大体母親が一緒に現地についていきます。

タイの早期英語教育もすごいのです

タイは英語への意識が強い国で、おそらくタイへ行ったことがある方は、彼らの英語力の高さに驚いたことがあるはずです。
子供であっても、普通に英会話ができてしまうのです。
その理由は、タイは1996年から小学校での英語教育が義務化されるだけでなく、小中一貫のカリキュラムを提唱しています。
小学校で英語の基礎をつけ、中学に入ってその応用をしていくという感じで、しっかりと英語に対しての基礎固めをするシステムが整っているだけでなく、これをすることで子供たちの英語力に対する自信をも身につけています。

韓国はなぜそこまで英語教育に力を入れるの?

韓国では、例えば、アイドルとして世に出ていく前に練習生として訓練するのですが、その中でも英語、日本語や中国語を身につけるレッスンもするほど英語教育に力を入れています。
では、どうしてそこまで力を入れるのかというと、これもやはり、競争社会にあると言えます。
特に、大学受験はこれからの未来にもかかわるもので、良い大学に入れなければ就職できないと言われていることも皆さんも知っていますよね。
その受験でキーポイントとなるのが英語で、これが韓国の英語教育に力を入れる要因となります。
また、韓国の貿易国でもあり、その貿易交渉に必要となるのが英語で、そういった人材を採用する傾向にあるのです。
そういったことから、必然的に、英語教育に力が入り、少しでも人より英語ができるようにと、みんな必死になって勉強します。

英語圏以外の国ではどんな英語教育をしている?

私達もそうですが、英語圏以外の国ではどんな英語教育をしているのか見てみましょう。
北欧の方、誰もがすごく英語が話せると思いませんか。
彼らが言うには、ニュースも映画も小さい頃から字幕で見させられていたからと言いますが、それ以外にどんな英語教育がなされているのでしょうか。
この国では、小3から英語教育が義務化されており、場合によっては、小学校入学と同時に英語に親しむ授業も差行われています。
また、10年ごとに英語カリキュラムが見直されたり、発音記号も覚えるので、本格的な英語を身につけています。

特に子供の英語教育に熱心な国はどこだろう

中南米は激しいと言えます。
基本的に中南米の公用語はスペイン語です。
例えば、メキシコはアメリカという、英語スタンダードな国の真下にありますから、メキシコ北部では英語教育は首都やそれ以外の地域よりも昔から積極的に行われています。
英語の授業をメインとしている学校があったり、インターナショナルスクールのサマースクールに子供たちを入れます。
また、アルゼンチンやチリ、ヴェネズエラというのは、美人大国でもあり、これは、国を挙げて世界にこういった美女たちが出ていけるように、英語教育を国が提供したりと、英語にかなり力を入れています。

外国の子供はどのように英語のスペルを覚えるのか

英語のスペルはローマ字読みのものもあればそうでないものもあるので、正直、これは丸暗記するしかないといえます。
文字にはしても音にはしない「diaper(ダイパー(おむつ)」などの単語もたくさんあるので、やはり文字をそのまま覚えるしかないのです。
ちなみに、アメリカなどの英語圏でも、基本的には音で覚えるのですが、やはり、聞こえない音もあるので、丸暗記する方法も一般的です。

外国の子供はどのようにスピーキングを覚える?

スピーキングの覚え方はネイティブはもちろん、親、もしくは親の母語がそれでなければ、外に出れば、すぐに英語のスピーキングを学べます。
英語圏以外であれば、小さいうちからインターナショナルのサマースクールに行かせたり、英語圏へ留学するなどして、本格的なスピーキング能力をつける方もいます。
しかし、北欧などでは、多くの国で吹替がなされているにもかかわらず、ニュースや映画はすべて英語圏のものであれば英語で流れてきて、必ず字幕が出るというものd酢。
それを小さい時から見させられているので、テレビを見るだけで英語がいつの間にか話せるようになっているだけでなく、リスニング力もアップします。

外国の子供はどのようにリーディングを覚えるのか

アメリカで言えば、徹底的に最初は自分の名前をスペルアウトさせられます。
そこから絵を使ってアップルが何なのか、アップルは何の文字で始まるのかということから始まります。
その後はフォネティックスを覚えますが、ここまでに2年はかかります。
フォネティックスとは、例えば、「STAY」はステイと読みますが、「START」はスタートと読むように、同じ「A」が母音に来ても読み方が異なります。
ですが、これには決まりがあり、それを学んでいき、この読み方の違いを学びます。

世界の英語教育はそれぞれ

ここで見てもわかるように、日本の英語教育は決して先進的であるとは言えませんし、国によって、様々な英語教育があるということがわかりますよね。
この記事から多くの英語の学び方があるということを知っていただき、あなたのこれからの英語力アップに役立てていただきたいです。

幼児におすすめな英語教育はディズニー英語システム

ディズニー英語システムとは、ディズニーのキャラクターや映像と一緒に英語を学んでいくというもので、英語のイベントなどにも参加することができる、子供向けの英語教育システムです。

ディズニー英語システムのおすすめポイントは以下の通りです。

1.マザーズセレクション大賞など数々の賞を受賞
2.親が子供に英語を教えなくても良い
3.正しくきれいな英語発音になる

ディズニー英語システムの口コミはどうなっているのでしょうか。

1.「毎日家で英語を子供の大好きなディズニーでインプットさせようと購入しました。実際教材を使ってみると、よく研究して作られていると実感できます。子供たちも今のところ、毎日この教材を使って遊んだり学んだ梨、楽しんでいるようです」

2.「幼稚園に入園すると同時に始めたら、おもちゃ感覚でこれを使って楽しんでいるので、始めてよかったと思いました。また、スタッフの方も非常に丁寧でよかったです」

3.「とにかく値段が高いです。同じような内容でディズニーでなければもっと安い気がします。他の子供向けキャラクターよりは飽きにくいのでそこは良いのですが、気軽に始められる値段ではないと思います」

小学生・中学生におすすめはスタディサプリEnglish

スタディサプリEnglishとは、リクルートが運営するTOEIC対策に特化した英語システムです。
もちろん、英会話のみを扱ったものもあり、英会話を安く受講したい方、TOEICでハイスコアを目指したい方、両方にぴったりです。

スタディサプリEnglishのおすすめポイントは以下の通りです。

1.月額980円で英語が学べる
2.TOEIC対策に特化している
3.いつでもどこでもスマホやPCで受講できる

スタディサプリEnglishの口コミはどうなっているのでしょうか。

1.「初心者から上級者まで幅広く対応しているアプリです。音声も完全ネイティブ(アメリカ英語)で、自分の発音とお手本の音声を比べられ、採点されるので、やる気が出ます。最高評価だと嬉しいです」

2.「とても丁寧に作られているアプリで、問題を出題する前にポイントとなる部分を教えてくれるのが良いです。発音ミスがあった際に、指摘も適格で自分では気付けない発音の違いが分かってためになります」

3.「解説を細かくしてくれるのは良いのですが、字が小さくて読みにくい箇所が多いです。マイクの感度が悪い時もあり、喋っているのに音を拾ってくれないのも困ります。スピーキングの練習ができるのがこのアプリのメリットなので改善して欲しいです」

子供の英語教育に一番人気はDMM英会話

DMM英会話とは、スカイプを使ったオンライン英会話レッスンで、100か国以上の外国人講師が登録しています。
初期費用もかからず、リーズナブルに英語が学べるとして大人気です。

DMM英会話のおすすめポイントは以下の通りです。

1.月額5,980円、毎日受講可能!
2.24時間365日いつでも学べる
3.7,000以上の教材を無料で提供

DMM英会話の口コミはどうなっているのでしょうか。

1.「コスパが抜群です。また、フィリピンの方以外にもセルビアやボスニアなどの講師もかなり在籍していて、話してみると教養の高い方が多いという印象を受けました」

2.「東南アジアの人から東欧など様々な国の講師のレッスンを受けましたが、物腰の柔らかい人が多いです。そのため、楽しんでレッスンを受けられました。評価の高い人は、基本的に良い人が多い気がします」

3.「以前利用した別のサービスでは、教材を買って手元になければいけなかったのですが、DMMでは無料の教材が提供され、ブラウザでそれを見ることができます。無駄な出費が無くてうれしいです。有名な書籍もありましたし、漫画や小説などもあり、自分に合った教材が見つけられます」

🔝 英会話 おすすめ 勉強法

-子供 英語教育

Copyright© 英会話おすすめ人気ランキング2018【最強の勉強・学習法を学ぶ!】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.